フリーのプログラマも沢山活躍しています

プログラマの仕事はシステムやソフトウェアを動かす為のプログラムを書く仕事です。あらゆる分野でプログラムによるシステムが必要とされています。その為に世の中で無くてはならない仕事の1つと言えるかもしれません。

システムを作り上げるのはシステムエンジニアなのですが、それに沿ってプログラマがプログラムを書いていきます。さらにきちんと仕様書通りに動くかどうかをチェックをするのも仕事の1つといえるでしょう。もし動かなければ何処かにバグがあるかもしれないので、そのバグを見つけて修正をして行く仕事もあります。このバグ探しは一日で出来る物では無くて、何ヶ月もテストを行わなければならないので根気や忍耐力が必要となって来るでしょう。さらにキャリアを積めば段々とシステムエンジニアがするような仕事も、しなければならなくなります。実際にシステムエンジニア兼プログラマをしているケースも少なくないのが現状です。

スキルが高いような技術者はどんな業界でも必要とされていますので、やり甲斐を感じる事が出来るでしょう。定年に関してですが、一節には三十五歳説と呼ばれる物があります。この年齢になると管理職へ行ったりする事もありますし、新しい技術に対応出来無くなるという話がまことしやかに流れていますが三十五歳以上でも働いている方は沢山居ますので気にする必要は無いでしょう。ただ、時代の進行とともに、常に新しいことを取り入れるため若い人に負けない努力が必要となるのも事実です。フリーとなれば定年を考えずに、自分の強みを活かしていくことができるため、その点ではフリーランスが定年への不安は少ないといえるかもしれませんね。