フリープログラマになって年収アップ

フリーのプログラマとして成功する為には、まずは会社に在籍して経験を積まなければなりません。どれだけ学生時代にプログラマとしてのスキルを磨いていたとしても、実戦経験が無ければフリーのプログラマになった時に仕事を発注してもらえません。会社に在籍しているだけではなく、自分がプログラミングを施したゲームやシステムによって、大きな利益を生み出した実績などが必要です。

競争率が高い業界なので、経験があっても実績が無ければ仕事は舞い込んできません。そして、実績があったとしても独立したての頃は自ら営業をかけて仕事を貰う必要があります。会社に所属している際にどれだけ大きな実績を残していても、システムやゲームの名称は知れ渡っていても、プロジェクトに関わった自分の名前は知られていません。まずは、自らそういった経歴をアピールして、クライアントに仕事を発注する気にさせることが大切です。

そのために、フリーとして活躍するうえで知識や技術だけではなく、営業力や人柄が重要になります。将来的に継続して安定した収入を得る為には、経験を積むだけではなく、セミナーなどに通って技術力をより高める努力も必要です。会社に所属している場合には、仕事で小さなミスをしても収入が途絶えることはあまりありませんが、独立している場合においては、小さなミスが信頼の消失に繋がり、仕事が減少もしくはなくなってしまうことも覚えておきましょう。年収アップを目指すのであれば覚悟が必要です。

このように書いていくと、「そんなデンジャラスな人生は送りたくない」と会社に在籍を決意するプログラマが増えていくかもしれません。しかし、考えてみてください。独立することによって、会社では得ることができない素晴らしい喜びに出会えるのです。プログラマとしてのキャリアを積み、自分の人生も楽しくできる喜びはフリーランスという形にならないと味わえない部分でもあります。仕事は人生のスパイスと思う方には、ぜひ独立をおすすめします!